近年の葬儀スタイルについて

葬儀とは厳粛に盛大に行われるものでした。しかし、近年はさまざまな葬儀スタイルがあり、今までみたいに厳粛に盛大な式は年々減ってきています。最近よく行われているのは、家族葬です。近しい親族と親しい知人のみで執り行うものが増えてきています。

近年、終活といって自分で自分の葬儀や墓など、自分の死後のことを生前に決めておく人が多くなっていて、その自分で決めたもろもろのことを書き記したエンディングノートは故人の遺志ですので、それに沿って死後のさまざまなことを決めていきます。そのため、故人が知らせてほしい人も一目瞭然で、その方たちだけで家族葬を行う場合が多いのです。その他、故人の生前好きだったアーティストや歌手の歌を式に流したり、生前の写真を受付から式場までずらっと飾ったり、生前の動画を式場に流したりする式もあります。また、ご会葬御礼の挨拶状にも、故人の生前の趣味の絵を入れたりすることもでき、一人一人違うスタイルの葬儀が主流になってきています。

また、以前は必ず必要とされていた香典も最近は辞退することが多くなり、受け取る際にも受付のその場でお返しを渡したりするようになってきました。そして、葬儀当日に納骨、初七日まで済ませることも年々一般的になってきています。これは、核家族化により香典返しをするのが大変になってきていること、また遠方に住んでいたり、喪に関する考え方の変遷により、年々簡素化が求められてきているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です