神式の葬儀の特徴と流れ

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

神式の葬儀の特徴と流れ合、神社神道の祭祀である神葬祭の事を指します。神道では死は穢れとされ、穢れを祓い、浄める事も神葬祭の目的とされています。また、氏神である祖霊に故人の帰幽を知らせ、故人を先祖の元へおくり、遺族を守ってくれるように祈る意味があります。神葬祭は死を穢れとする為、聖域である神社で葬儀を行う事は出来ず、自宅又は一般の斎場にて執り行います。

一般的な流れは、遺体の搬送後、枕直しを行います。新しい褥を白い布で覆い、遺体を北枕で安置して枕元に守り刀を置き、遺体前面に祭壇を設け枕飾りをします。斎主が神棚や、仏式の場合の仏壇にあたる御霊屋に向かって、亡くなった事をお伝えする帰幽奉告を行います。帰幽奉告の後、神棚や御霊屋に白紙を貼る神棚封じを行います。

遺体に神衣といわれる白の狩衣を着せて納棺し、棺の蓋を白布で覆います。仏式の通夜にあたる通夜祭、御霊遷しとも呼ばれる遷霊祭が遺族、親族により行われます。遷霊祭は神式の葬儀の中核を成す儀式で、必ず夜間に行われます。次に、一般の儀葬儀、告別式にあたる葬場祭が一般の会葬者も参列して行われます。

葬場祭が終わると、喪主または遺族代表が参列者にお礼の挨拶をし、親族が棺を霊柩車に移して榊、葬具、銘旗、遺影、神饌を持参して火葬場へ向かいます。火葬祭の後、遺骨をお墓に埋葬する儀式である埋葬祭が行われます。喪主、遺族は火葬、埋葬を終えて自宅に戻ったら帰家祭を行い、斎主は神葬祭が無事終わった事を霊前に奉告して葬儀が終わります。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です