自然葬は遺族が独自でも出来る

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

自然葬は、石碑などを建てた墓ではなく、自然の循環の中に回帰していこうとする葬送方法の総称のことです。山や海、皮などに遺骨をパウダー状にした遺灰を還す葬法の散骨や、墓地として許可された墓域に還す葬法の樹木葬、他にも風葬や土葬など、日本でも昔から行われてきた方法で、現在は墓地や霊苑を作らずに環境に優しい方法として注目されています。墓を継承する人がいなくても良いので、跡継ぎなどがいなくて墓の面倒を見てくれる人がいない場合などでも向いています。自然葬が、近年注目されはじめたのは、現在が抱えている問題が原因の一つになっています。

少子化と高齢化、更に核家族化が進んでしまい、墓や納骨堂を持たない場合や、持ちたくない、子供や孫に手間をかけさせたくないなどの理由があります。また、死後は自然に還りたいという人も多くなっています。しかし、いざ自然葬で散骨をしたくても、どこの業者に頼めばよいのかや本当に出来るのかなどの不安があります。自然葬をするときには、専門の業者に依頼することも出来ますが、もっと安い団体の会員などになって行う方法もあります。

業者だと高い費用がかかりますが、団体なら会員費だけで葬送に関するアドバイスや手伝いなどを行ってくれます。一見、難しそうに思えますが遺族が独自に散骨をすることは可能で、海や山、川や海外、自宅の庭など、故人が希望していた場所に散骨します。ただ、海外だと法律で禁止されていることもあるので事前に確認が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です