最近増えてきている自然葬

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

自然葬とはいろんな国々で行われている葬儀の仕方で、土葬や鳥葬、水葬、火葬などの事を言います。基本的には墓標を作らないので、日本で行われているように火葬後に残ったお骨をお墓に埋葬するような場合は自然葬とは呼びません。自然葬には、人間が生まれて生かされてきた自然の循環の中に還すという大きな意味があります。実際の自然葬は、火葬後のお骨をどう扱うかによって決まります。

今多く行われているのは、海へ還す海洋葬と樹木の下へ還す樹木葬です。海洋葬の場合は、陸地から一定距離以上離れた洋上からパウダー状にしたお骨を散骨します。陸地での散骨も稀に行われるようですが、自分の所有する土地以外で行う場合は土地所有者に許可をもらう必要があったり、近隣住民とのトラブルが起きたりする可能性もあるのでお勧めできません。陸地では、寺院や霊園内の墓地として認可された場所で、埋葬許可を得た上で樹木葬にするのが良いでしょう。

自然葬の特徴は、墓標などを作らないので継続的な管理や供養が必要ないという事と、一般のお墓を作る場合と比べると非常に安くて済む事、宗旨や宗派にとらわれる事なく自由に行え、生前に特定の信仰が無かった人でも違和感なく行える事などです。形あるものが残らないのでさみしいという人には、少量のお骨を残して手元供養をするという方法もあります。樹木葬では、石版に生前の名前を刻字してもらったり、個別にそれぞれ一本の木の下に埋葬してもらうなど、寺院や霊園によってさまざまなバリエーションがあるので、自分にあったものを探してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です