自然葬は昔から行われてきた

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

現代の一般的な埋葬は、お墓に遺骨を納めるものですが、中には自然葬というのもあります。自然葬は、遺骨を直接自然の中へ返したり、墓標として人工物を使用しないことです。墓ではなく、海や山などに遺体や遺灰を還すことで、自然の循環の中に回帰する方法です。狭い意味だと散骨と同じになり、広い意味になると風葬や鳥葬、水葬や火葬、土葬、植樹葬などの自然に戻る葬り方になります。

以前は、自然葬は遺骨を粉々にして散骨することを意味していましたが、骨壺を使わないで直接土の中へ遺骨を埋葬するなどの方法でも、自然へ帰るには差がないので、こような方法も含めていうようになっています。最近は、日本でも自然葬を望む人が増えていて、その理由には核家族化や少子化などでこれまでの墓の管理などが難しくなっていることが考えられます。自然葬は、葬儀される側の自然へ帰りたいという散骨タイプと、環境を守るために墓地に人工物をおかないで里山を守るというタイプがあります。散骨や風葬など墓に葬らない方法は世界各地で行われていて、日本でも古代から遺体や遺灰や海や山に還すのが一般的でした。

また、現在になってこの方法を希望する人が増えてきたのは、社会的な理由だけでなく、日本人が本来持ってきた自然との一体感や死後は自然の大きな循環の中に還るという死生観なども関係しているようです。勿論、これまでどおりお墓に入るというのを否定するわけでもなく、埋葬方法の選択の一つとして捉えた方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です