自然保護にも有効的な自然葬

自然葬とは、海に遺骨を流したり、山に埋めたりして、遺骨を自然に還すように埋葬する方法です。近年行われている埋葬方法の中では、散骨や樹木葬といった形式がこれに該当します。また、風葬や土葬、鳥葬といった形式もこれに該当します。墓を建てて遺骨を納めるという従来の方法とは随分と異なりますが、自然葬の人気は日々高くなっています。

元々日本では、遺骨は海や山に還していました。墓を建てて葬られていたのは、一部の身分が高い人々だけです。ですが、1948年に墓地、埋葬などに関する法律が制定されて、こうした事が出来なくなったのです。しかし現在では、特定の場所で許可をとれば自然葬を行う事が出来るようになっています。

自然葬は、死後に自然に還りたいと考える方に人気がある埋葬方法で、生前に希望していたという方も多いです。また、身寄りがなかったり、親族に墓石管理等の手間をかけさせたくないという理由で、そういった埋葬方法を選択する方もいらっしゃいます。また、自然保護の観点から、そういった選択をする方も多くなっています。基本的に墓地を造る際、住宅地や街中に等には造りません。

山を切り崩し、造成して、そこに墓地が建てられます。ですから、墓地が増える度に自然が破壊されているという事実があるのです。こうした事情もあって、墓を造る必要がない埋葬方法を行い、間接的に日本の自然を守ろうという運動も広がっています。ですから、自然に還りたい自然を守りたいという方には、お薦めの埋葬方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です